シャルル・ジャン・ピエール馬場画伯 絵画展はこちら>>

オリジナルドリップバッグ製作します!>>


ちょ~うめぇ~飲み易い極上上豆
・天空 600円 
・サンタクララ 620円
・カフェヴィーニョ 640円
・ブルボンAAカルシ 640円
・私の笑顔  2兆円
ちょ~うめぇ~コクのある極上上豆
・ボールドグレイン 640円
・スマトラ・マイムーン 640円
・トラジャ・マブギ 640円
・マサマ キボ 640円
・バニーマタル  780円

先日紹介した定温定湿倉庫ですが
100607_1222~04

詳しくは冤罪を参照してください

なぜ定温定湿倉庫に入れるのか
これは2ヶ月前に購入したサントゥアリオ
rumix+806_convert_20100930213511.jpg

こちらも2ヶ月前に購入したサントゥアリオ
rumix+812_convert_20100930213828.jpg

比べてみると一目瞭然、左が倉庫にすぐ入れたもの、右がみこやに置いていたもの
rumix+808_convert_20100930213726.jpg

この右ように豆が乾燥してしまうと、味も香りも特徴もかなり抜けてしまいます

豆本来の個性などほとんど感じられません

特に梅雨時期など湿気でカビが生じます

そうなると全く使いものにならず、せっかくの美味しい豆も廃棄しなくてはなりません

だからmikoyaではそうならないためにも、定温定湿倉庫に保存し

焙煎する分だけ倉庫から取り出します

面倒くさいことですが、いつも新鮮に個性のある味を維持するにはどうしても必要

な作業です

以上みこやプチ自慢コーナーでした




P1090158_convert_20100927165255[1]

新しく作ったみこや焙煎機

みこや焙煎機←クリックすると詳細がわかります


ところで日本にひとつとはいうものの、どこがどう違うのか
一番違うところは、これほどの大きさの釜で炎が直接豆に当たる事
焙煎釜を炎が包むほどの勢い
(ちと写真ではわかりにくいかも・・・・>)

P1090163_convert_20100927165440[1]_convert_20100927170738[1]

これにより豆の持っている個性が強く出ます。
甘味に特徴がある豆はより甘く、香りに特徴があるものはより香り高く、
コクがあるものはよりコク太く
酸味があるものはより柑橘系のきりっとしたさわやかさが、
珈琲が冷めるほどに特徴が際立ち変化しかも飲み易さも増します

しかし弱点も数多くあります
火が直接あたるので煎りムラができやすい、
焦げつくことが多く苦味だけが強調されてしまう
表面だけ焼けて豆の中は生焼け芯残りしやすい(失敗作は破棄)
ホームランか三振か、でもホームランの味に出会うと本当に感動します

コーヒー界の王貞治を目指します