シャルル・ジャン・ピエール馬場画伯 絵画展はこちら>>

オリジナルドリップバッグ製作します!>>


ちょ~うめぇ~飲み易い極上上豆
・天空 600円 
・サンタクララ 620円
・カフェヴィーニョ 640円
・ブルボンAAカルシ 640円
・私の笑顔  2兆円
ちょ~うめぇ~コクのある極上上豆
・ボールドグレイン 640円
・スマトラ・マイムーン 640円
・トラジャ・マブギ 640円
・マサマ キボ 640円
・バニーマタル  780円

新豆ラッシュです。
好評だったコロンビア・ハニーに続き今年のサントゥアリオがついに届きました
サントゥ1


始めのネガティブテストでも甘味が強く、澄んだ香りが特徴的に出てきます。ポジティブテストでは一層この良さが強くなり、コーヒーが持つポテンシャルの高さを感じ取れると思います。
久しぶりにどのロースティング度でも品質が高いと感じられる商品に出合えた感じです。これほどの商品はめったにお目にかかれません!!!

サントゥアリオ・エステートでは、スペシャルティコーヒーの世界で「至高のエステートコーヒー」を生産するために、苗木の播種からコーヒーの収穫、精選にいたるまで非常に高いクオリティを持った作業マニュアルを作り上げています。農園は標高1,850~2,100mの丘陵地にあり、敷地面積は260ha、このうち約188haにコーヒーが作付けされています。農園の内外には、巨木が林冠をつくる豊かな森林が広がり、鳥やその他の野生動物の住居となっています。コーヒーは在来種の良い苗木のみを選定し、85%がティピカ種、そのほかブルボン種(10%)、マラゴジッペ種、モカ種が少量ずつ植えられています。農園では、農場を0.25haごとのユニット(区画)に分けて整備されており、シェード、施肥、除草、収穫などの作業管理をしっかりと行います。シェードにはマメ科のテフロシアをメインに植え、土壌内で窒素固定を実施し、葉の展開とチェリー育成に必要な無機質の土壌内維持を徹底管理しています。肥培管理は有機肥料の投与を行い、標高が高いため害虫の問題は希少で農薬の散布は行っていません。
サントゥ2



2005年5月、サントゥアリオ・エステート・プロジェクトがスタート(1999年)して最初の本格的な商業ベースの収穫を迎えることが出来ました。初年度産ティピカ種100%の素晴らしいコーヒーです。ボディが有り、高地産ティピカコーヒーが持つ「ドライでかつスウィート」、ワインにも似たフルーティさが特徴的なコーヒーです。
 以来、サントゥアリオティピカは、様々な方面から高い評価をいただいており、木の成長と共にカップもさらに素晴らしいものになってきております。2007年には、ブルボン100%のコーヒーも収穫が始まり、これも素晴らしいコーヒーです。
サントゥアリオ・コミュニティ・プロジェクト(地域社会への貢献)
コロンビアでは中規模、大規模のコーヒー農園でも地域社会への積極的な貢献を行っているところはほとんどありません。サントゥアリオ・エステートでは1999年よりスペシャルティコーヒーとともに薬草や果樹を植え、養蜂やエコツーリズムを行い、環境にやさしい持続可能な農園作りに取り組んできました。環境保全への取り組みは、直ちにコーヒーの品質につながるわけではありません。しかし、自然との調和の中で育ったコーヒーの実はゆっくりと熟し、将来にわたって最高品質のコーヒーがもたらされることでしょう。
プロジェクトでは当農園で成功した技術、知識、経験をまず近隣のパエズ村に提供して、プロジェクトのモデル(方式)をつくりはじめています。そして村の人々が将来にわたって持続安定した生活が送れるように今後もこうした取り組みに力を入れていきます。





サントゥアリオ・注文サイト



ついに登場いたしました
トミオ フクダ ブルボン しかも単一農園の純粋かつ貴重な豆
tomio.jpg


スペシャルティコーヒー トミオフクダDOTの農園 Fazenda Bauは、ミナスジェライス州/セラード地区/パトスデミナス付近標高約1,100mにあり、ブラジルでも標高の高い場所に位置します。この地域はセラードの中でも特に雨期と乾季がはっきりとしており、最もコーヒー栽培に適した気候となっています。この恵まれた気候を利用し誕生したのが「MUNDO NOVO DRIED ON TREE」です。


フクダ トミオ氏 フクダ タケオ氏(長男)


名前の通り樹上にて完全乾燥するまで残したものを100%使用することがコンセプトです。樹上にて摘み取られる間際まで、たっぷりと栄養を吸収し、甘味を保持したままの状態で乾燥されます。樹上にて完全乾燥されることで、通常の天日乾燥を必要とせず、収穫後は直接ドライチェリーの状態で木製貯蔵庫(トゥーリャ)に寝かされ、45日間熟成されます。つまり、樹上で乾燥し増された甘味は、貯蔵庫でドライチェリーのまま寝かせることで熟成されます。

また、オーナーのフクダトミオ氏は、従業員育成に大変熱心に取組んでいます。勤勉な者しか雇わず、また、絶対にゴミを出さないなど綺麗な農園作りにも心がけています。オーナー自らが常に農園に足を運び、木の状態を把握し、メンテナンス、管理を行っています。
tomio2.jpg


使う人がいてこそ価値があると、生産量を増やすことだけを考えるのではなく、品質を重視し安定した味作りを心がけています。フクダトミオ氏が丹精込めて作り上げたブラジル本来の味を忘れさせることのない甘味たっぷりで風味豊かなスペシャルティコーヒー「TOMIO FUKUDA MUNDO NOVO DRIED ON TREE」を是非ともご堪能下さい。



bou注文サイト