シャルル・ジャン・ピエール馬場画伯 絵画展はこちら>>

オリジナルドリップバッグ製作します!>>


ちょ~うめぇ~飲み易い極上上豆
・天空 600円 
・サンタクララ 620円
・カフェヴィーニョ 640円
・ブルボンAAカルシ 640円
・私の笑顔  2兆円
ちょ~うめぇ~コクのある極上上豆
・ボールドグレイン 640円
・スマトラ・マイムーン 640円
・トラジャ・マブギ 640円
・マサマ キボ 640円
・バニーマタル  780円

ああ~昨日は鹿児島市内は灰雨ぇ~♪
すライム
こんにちは、スライムと勇者です



















いやあ、スライムと勇者で思い出しましたが、旅っていいですよね
どこかふら~っと出かけたくなる
韓国レストラン
ぎゃー巨大魚に食べられるぅ~・・・・・・なんつってー、韓国のアラウジにあるレストランだよ~
魚だけにギョッとするね、でたースーパーおやじギャグ!!部屋の温度さげるぅ~


















タイ
タイ東北部の町ノーンカイ、なんだか微妙なお寺ですぅ~





















トルコ
でたー!変なおじさん・・・実はトルコのかなり大きな変なアート的なホジャさま(日本の一休さんのように愛されている宗教的な聖人です。)
さあ皆さん旅行に行きたくなったでしょ














今日のコーヒー講座は、コーヒーのCMでちょっとホロッと泣けるものをカナダから入手しました
皆様ハンカチのご用意を
泣けるコーヒーCM



















toku.jpg
よかった・・・・・



皆様お久しぶりブリーフ
ブリーフ






















なかなか更新出来なくてすまんですよ
ごはんですよ
は、ごはんですよ























よしだんだん、調子が戻ってきたどぉ~
もう少しだ・だ・だ・だ・だ・
ダン池田
ダン池田!!





















よし、俄然盛り上がったところで!?

今日はコーヒーと恋愛を歌ったサニーディ・サービスの歌を紹介します
サニーディ・サービス

曲もさることながら、これまた詩もいいんだよね

  香ばしい香り薫れば ほろ苦い恋にも似ていて
  あわてるとちょっと熱いよ ゆっくり腰を落ちつけて
  風に乗って香り高く 苦い涙ほろほろと
  喫茶店の窓辺から 花咲く朝の通りへと
  コーヒーと恋愛が共にあればいい


ひゅー、かっちょbaby
コーヒーのんで恋愛したくなった?

曲はこちら→コーヒーと恋愛























みんな、クリスマスも近くなったし恋しようぜ!!
ルー大柴





めちゃめちゃ鹿児島快晴!
おもしろ顔
こんにちは、おもしろ顔のトロフィーですz




















しかし、あれですな、あれですよね、いやあ~あれなんですよ・・・・・・頭がフリーズ
マコーレカルキン
No---------------!!




























最近燃え尽き症候群なのかなあ~
ジョー
「とっつぁん、燃えたよ燃え尽きた真っ白にな・・・・」





























もえつきてね~よぉ~オレには家族がいるからまだまだ燃え尽きるわけにはいかないんだょ~
小林旭
おお~燃えてきたぜぇ~♪



























オロナミンC
よっしゃー!元気ハツラツや~!!

















よし、元気がでたところでジャコウネココーヒーについて語ろうじゃあーりませんか
copi.jpg


インドネシアのコーヒー農園ではロブスタ種のコーヒーノキが栽培されており、その熟した果実は、しばしば野生のマレージャコウネコに餌として狙われている。しかし、果肉は栄養源となるが、種子にあたるコーヒー豆は消化されずにそのまま排泄されるので、現地の農民はその糞を探して、中からコーヒー豆を取り出し、きれいに洗浄し、よく乾燥させた後、高温で焙煎する。ちなみにフィリピンではさまざまな種類のコーヒーノキが栽培されており、カペ・アラミドの場合は結果的に数種類のコーヒー豆が自然にブレンドされると伝えられる。
コピ・ルアクやカペ・アラミドは、独特の複雑な香味を持つと言われており、煎り過ぎて香りが飛ばないように、浅煎りで飲むのがよいとされる。一説によると、ジャコウネコ腸内の消化酵素の働きや腸内細菌による発酵によって、コーヒーに独特の香味が加わるという。

しかし味のほうは・・・・・・・・・?

みなさんで試してみてください

小売価格100g5000円~10000円ぐらいで販売されております

ちなみにmikoyaでは販売しておりません、あしからず

人形
すごい値段だね




今日は雨ですね
すし屋のけんちゃん
こんにちは、すし屋のケンちゃんです





ほんと今日は明日のイベントのことで頭がいっぱいでな~んも考え付かないことをお許しください
3DELI IN 加世田











犬だとこんな脳みそバーン状態
noumiso1.jpg


















馬だった脳みそひひーん状態
noumiso.jpg

















猿だったら温泉に浸りすぎて頭がぼーっ・・・・
noumiso2.jpg


















猫だとまるでやる気なし
noumiso3.jpg

















俺だって(mikoya店長)ぼーっとしたい日があるさ
noumiso4.jpg

フフフフ・・・・







さむうなりましたなあ~
懐かしいもの
お久しぶりです「トムボーイ」です






しかし、ことしも残すところあと一ヶ月、ジングルベルが聞こえてきそうです










サンタ1
あれっ、今行われている九州場所にサンタさんでてたっけ?



















サンタ2
サンタも人間、たまにはこういうときもあるでしょう・・・・・ないっつーの!!


















サンタ3
サンタも人間だ、ミニスカサンタに見とれることもあるだろう・・・・・・もはや単なるすけべおやじ




















トナカイ
こんなトナカイいやだーっ、銀行強盗かっ














さあのりに乗ってきたところでコーヒー小説の紹介いってみよう!!
長さん・いってみよう!









小説に出てくるコーヒーに関してはレイモンド・チャンドラーの「長いお別れ」が一番印象的です。
長い別れ

自分独自の規律を守った、ストイックで、でもへらず口をたたくのをやめられずにいつも殴られたりトラブルに巻き込まれたりする私立探偵、フィリップ・マーロウがていねいにドリップした美味しいコーヒーを、朝、飲むのです。
来客にすすめる場面もあり、マーロウの「こだわり」を一番感じます。
きったはったのドタバタばかりでなく、きちんと「生活している」体温を随所に感じる小説です。


村上春樹さんの小説にはよくコーヒーが
出てきますよ。
彼の小説を読むとコーヒーが飲みたくなります





秋の夜長はゆったりと読書でも・・・・・















読書
ねこかーいっ




皆様なんだか最近更新が遅れがちな
ドンパッチ
お口がシュワシュワ~!のドンパッチです

















いやあ、最近は雨が降ったり灰が降ったり寒かったり暖かかったり
ラジバンダリ

ですね!











ほんと地球温暖化がいよいよ来たって感じです











きたー
きたーーっ!!






















皆さん、出来るだけ車に乗らず、電器も付けず、冷蔵庫も使わず、テレビも見ず、パソコンも携帯も電源を切り
エアコンも消し、それで寒くなったら、つまらなくなったら歩きか自転車でみこやに行きましょう
心と体が温まるコーヒーが待ってます

そう、地球温暖化を防げるのはmikoyaだけ!さあみんな手をつないでmikoyaに集合!!
ウルトラマン集合
まじかー










さあ、みなさんが集合したところで、今日はイベントの紹介
なななななんと言っても私が鹿児島にきて始めて参加するイベント!
これはかなり期待してください

では詳細

3DELI in くるす屋 de Picnic

とき   2012.11.23(金・祝) 11:00-17:00

ところ   kitchenくるす屋 (南さつま市加世田武田18277-1)

今回は、3DELIの3店舗(オルノ食堂、kitchenくるす屋、CAFETO)に加え、

・Kukka+          green&workshop
・journal           free market & sale
・+zucca          workshop & 雑貨
・のっち堂          喫茶 & workshop
・mikoya134         珈琲 & 談笑
・Le HeDONIE du Pain  パン


ワークショップの内容等はまた少しずつご紹介させていただきますね(^^)
お楽しみに♪

秋の終わりのPICNIC
ぜひ加世田のくるす屋さんへお越しください♪
お待ちしております☆



これはcafetoさんのブログからパクッたものですが
ひとつ気になることが、みなさんおされな紹介なのになぜかmikoyaは談笑という文字が?
これは談笑するとお金がいるのか?それともコーヒーの中に談笑代が含まれるのか?

なぞがナゾを呼ぶこのイベント、ぜひ自分の目で耳で確認して下さい!!わたしも確認してみたい

さあ、みんな「くるす屋」に急ぐんだぁー!!













ピンク

待ってるわヨ~ン




皆さん、おひさしぶりです
連想ゲーム
連想ゲームの白組キャプテン、加藤芳郎です



しかし、鹿児島はすごい風ですね、風というより突風ですね













tobuneko.jpg
猫もとんでおります



















katsura2.jpg
おっと、これはいか~ん、あまりにも恥ずかしすぎるぅ~、カツラがぁー
















popopo-n.jpg
まさか、ぽぽぽぽ~んまで飛ばされるとは
みなさん外出には気をつけましょう



















今日は外は危ないから室内でできることを案内致します

それはコーヒー染!!
コーヒー染


■用意する物 … 鍋(シャツなど大きな物なら、蒸し器のようなかなり大きな鍋を。ハンカチ位ならカレーなどを作る鍋で充分です)、手ぬぐいやガーゼなどの布、輪ゴム、菜箸、みょうばん(スーパーの漬物用のぬかなどを置いてあるコーナーにあります。白い粉で安いです)、コーヒー(濃く染めたい場合は多めに)、染めたい物。

■注意 … 染める物の素材は綿や麻などがベストです。素材によっては全く染まらなかったり、熱で変形する場合があります。


1. 染めたい物は、予め洗濯して乾かしておきます。

2. 鍋に、染めたい物を洗濯機のようにぐるぐるかき回せる位の量の水を入れ、水1カップに付きみょうばん1グラムを入れて沸騰させます。

3. 沸騰したら染めたい物を入れ、ムラにならないように菜箸でかき回しながら20分ほど煮ます。

4. 取り出して、洗濯機で脱水。

5. コーヒーは染めムラ防止の為、手ぬぐいなどの布に入れ、口を輪ゴムでしっかりと止めます。そして、2と同じ分量の水を入れた鍋に布で包んだコーヒーを入れ、色をしっかりと出します。

6. しっかり色が出たら、コーヒーを取り出して、染めたい物を入れます。ムラにならないように菜箸で30分ほどかき回しながら煮ます。

7. 取り出して、よく水洗いをした後、洗濯機で脱水。(鍋の中身はまだ捨てない)

8. 6の鍋にみょうばんを少し入れ、再び沸騰させる。そしてもう一度、染めたい物を入れ、かき回しながら煮る。好みの色に染まったら取り出して、7の工程をもう一度。乾いたら完成!


・・・以上ですが、8の工程が終わっても、もっと濃くしたい場合には、もう一度鍋で煮てください。ただ、どんなに煮ても「茶色」にはならないと思います。「濃いめのベージュ」が限界かと…。

コーヒーを煮出すのに結構時間がかかるので、2度目の染めは翌日にしてもいいと思います。
時間がある時にゆっくりとやってくださいませ。

あと、お洗濯は、色移りしないよう念のために単独で洗ってね。
コーヒー染物














コーヒー染めを
sakebu.jpg





灰混じりの雨、嫌ですねぇ~

こんにちは
裕木奈江
裕木奈江です















桜島は好きなんだけど、灰が灰さえなければもっと、すきすきすきすきすきすきっ愛して~る
一休さん
そもさん!せっぱ!


















でも、ほんとは
ikkyuu.jpg
こんな感じ
 ※一休さんは、禅僧でありながら、酒や女性を愛し、長く寺に入らず各地を転々としつつ仏の道を広めました。
  形式や規律を否定した反骨的で自由ほんぽうな人生のために、彼はしだいに伝説化されて、とんち話が作りだされたのす。

ごめんね子供の夢壊しちゃって




じつはこんなに可愛くなく
一休















こっちのほうが実物に近いかも・・・・・・
一休さん2


















いやもしかしたら、ジャスティン・ビーバー君似の一休さんだったかもしれない
一休さん3


















2007010633_1183767475.jpg
あれっ?あれっ?あれ~っ、クリソツ~!な~んだ、一休さんて槇原敬之だったんだね、一休み、休み



















はい、真相も解明できたところで本日の話題「コーヒーはいつになったら美味いと感じるか?」
大沢たかお


人間の味覚は、

甘み--油味--苦み--渋み と、美味しいという幅が年をとる毎に広がります。これは、躰に取り入れても安全な順番なんです。
「苦い物」「渋い物」は本能的に体に良くない(毒がある物)として最初は本能的に拒絶します。

経験を積む事によって、それらの味も美味しさとして感じられるようになってくるそうです。
逆に言えば、年をとると味覚が麻痺してくるとも言えるのかもしれませんが(^^;)。

ということで、コーヒーの美味さがわかるのは18歳からということで・・・・・・・これは私の全くの独断と偏見から生まれた答えですが、あながち全く的外れということでもないような気が
















gohan.jpg
なんのこっちゃー




こんにちは
yokohama ginbae
横浜銀蝿です!よろしく












ところでこの季節、寒かったり暖かったりで着てゆく洋服に困る季節ですね・・・・・








youhuku3.jpg
やっぱ外人のおっさんは派手だねぇ~
















youhuku.jpg
やはり任侠の世界には欠かせないアイテムだねぇ~



















youhuku2.png
ななななんと、格好良さと自分の趣味との融合、これぞまさしくニューファッション、この冬爆発の予感・・・・・











なんだか、良い子のみんなに見せられないものに行きそうなので、ここでブレイク!!
ブレイク
ノーノーノーノーブレイク!













では本日は、歴史上の人物とコーヒーのか関わり合いシリーズ第2弾




バッハ

       (1685~1750)
         バッハ

バッハのコーヒー好きは有名なので、ご存知の方も多いかも知れません。
朝や昼はもちろん、1日数十杯のコーヒーを飲んでいたという逸話が残され、そのコーヒーへの深い愛着が伝えられています。
バッハが生きていた時代のプロシアは、女性がコーヒーを飲むべきではないという風潮が支配的でした。
これを風刺して作曲されたのが『おしゃべりをやめて、お静かに』という作品だそうです。
古風な父親が、娘のコーヒー好きを何とかやめさせようと悪戦苦闘する様子を描いたコミカルな楽曲です。
「もしも、私が日に三度、いつものコーヒーを飲めなくなれば、私それこそ辛くて、乾びた羊の焼肉みたいに痩せちゃうわ」という歌詞は、当時の女性たちの声を代弁しているかのようです。
今日では、この楽曲は「コーヒーカンタタ」として有名になっています。
そして、バッハらしい逸話をもう一つ。
バッハの人生は1750年に幕を下ろしましたが、その遺品リストには楽器や楽譜とともに、5つのコーヒーポットとコーヒーカップ類が含まれていたそうです。
終生コーヒーを愛し続けたという彼らしいエピソードです。





今日も勉強になったね、
それじゃあ、またねさよなら
matan2.jpg
だって涙がでちゃう、女の子だもん



皆様こんにちは
ジョーク東郷
ゴルゴ13のデューク東郷です俺の背後に立つな!!



※実はジョーク東郷という芸人さんです












いやあ北風ピューピューですね
こんな時は温泉にでも浸かって温まりたいもんです







coffee_onsen.jpg
でたー!コーヒー温泉、これはリラックス&美肌効果が期待出来そう















onsen.jpg
これは、ワイン好きにはたまらんでしょう、心身ともに温まるかもね、でも飲み過ぎて〇〇したらダメだよ














onsen,doro
これこそ美肌効果抜群泥湯!!つるつるのピカピカよ,でもダイエット効果があるかはわかりません・・・・・・




















onsen,tora
ででででたー!虎温泉には絶対に入りたくない









はい、温泉シリーズはひとまず休憩、本日の真の目的である、
コーヒーを一番飲んでる奴はどいつだ?!シリーズのはじまり~はじまり~
紙芝居





世界のコーヒー消費量で1位のアメリカも、国民一人当たりのコーヒー消費量となると10位にすら入りません。(アメリカ11位・日本12位)国全体の消費量と国民一人当たりの消費量では、やはり話が違ってくるのです。では、世界で一番コーヒーを飲んでいる国は一体どこなのでしょう?

カフェのたくさんあるフランス、あるいはエスプレッソ発祥の地イタリア?そんなイメージがあるのではないでしょうか。世界の一人当たりの消費量を見ると、1位はなんとルクセンブルク。1年間に国民一人当たり2740杯ものコーヒーを飲んでいることになります。これは、日本やアメリカのおよそ8倍。ルクセンブルグはドイツ、ベルギー、フランスに囲まれた西ヨーロッパの小国ですが、嗜好品に掛かる消費税が低く、周辺諸国からの買い物客が多いことが、この数字に貢献しているようです。

世界の国別一人当たりコーヒー消費量

2位はフィンランド、3位はノルウェーと北欧の国々が続いています



やっぱり寒い地方はコーヒーの消費が違うのね





















宇宙人
ワレワレハ、ゴクカンノチカラヤッテキタ、キュラソセイジンダ、コーヒークレー!コーヒークレー!




俺の相棒を紹介しよう
namikosi.jpg
ジェット浪越です













なんでやねん!!
nanndeyane.jpg















あらためて俺の相棒紹介します
nameneko.jpg
なめ猫です
















にゃんでやね~ん!
nanndeyanen2.jpg












誠に申し訳ございません、毎度毎度お騒がせします
maido.jpg
キャー懐しい!!















いかんいかん負のスパイラルでございます
しかし私には珈琲屋としての使命が・・・・・・これこそ私の相棒
オレンジガンダム
そう、お馴染みのオレンジガンダム!






こいつがいなけりゃ今の私は無い、こいつ無しでは生きてゆけぬ
こいつこそ我が伴侶、こいつこそ・・・・・・あら、もういい?!





こいつの恐るべき能力を皆様にすこっち教えよう
honey002_20121104210255.jpg
ななななんと、生豆と私の間に入り豆語を翻訳してくれるという優れもの







馬場克也護衛
もちろん私の馬場語を生豆に伝えてくれます





※これはある国へ行った時に警察が護衛してくれたもの








だから、いつも生豆が教えてくれるのです
焙煎機燃える
「まだまだ火を強くしなさ~い」












「はーい」
はーい













「早くだしなさ~い、焦げちゃうわよ」
焙煎機でる
はい、ザーッ!!














向井理
「やっぱ、お前最高・・・・・




どんより寒い
chiuyan.jpg
コンニチハ、チューヤンデ~ス!






本日はちょー渋い奴紹介します
















shibui.jpg
うわー男臭くなりそうで渋い!しかし加齢臭もしそうな・・・・・


















shibui2.jpg
うわー0歳児なのに、佐藤浩市なみの渋さ!




















shibui3.jpg
でたー、これはマジで渋いぞ次元大介














のおー!のおー!のおー!のおー!のおー!のおーオノヨーコonoyokoko.jpg

love&peaceかこのやろう!




















今日は渋いコーヒー映画の紹介なんだよ

題名「コーヒー&シガレッツ」

コーヒーシガレッツ


『ミステリー・トレイン』『デッドマン』のジム・ジャームッシュ監督が18年に渡って撮りためたコーヒーとタバコをテーマにした短編映画集。
11本のショート・フィルムに登場するのは、ケイト・ブランシェット、ビル・マーレイ、スティーブ・ブシェミ、ロベルト・ベニーニなど総勢24名。
第3話目の『カリフォルニアのどこかで』はカンヌ映画祭短編部門のパルム・ドールを受賞している。
監督ならではセンスのいい音楽とユーモアを最後まで楽しめる作品。
コーヒーシガレット2




















どうだかなり渋い映画だろう、まいったかこのやろう
konoyaro.jpg





とんでもなく寒くなってきましたね
yamagami.jpg
こんにちは、てじな~にゃ!の山上兄弟です





本日は、コーヒーに合う水はどれだ選手け~ん!!ドンドンパフパフ
undoukai.jpg




このランキングは私の独断と偏見も入り混じりながら、
20人にどんな水かを隠し、同じ豆を使い美味しいコーヒーの順に登票してもらった結果です
1位と最下位は圧倒的な得票数でした、












shikai.jpg
さあ発表です!!




















第4位!じゃん!
mizu3.jpg
なんと浄水器、びっくりですね















第3位、じゃん!
mizu1.jpg
なんとコンビニなどで売っている自然水、ますます上位がわからなくなってまいりました



















さていよいよ第2位どこどこん!
mizu4.jpg
なに~っ、私はこれが確実に一位になるであろうと予測してた湧水・・・・・うーん




















では1位の前に、最下位の発表です
mizu5.jpg
でたーっ、よくスーパーなどで見かける電解水、まさかの最下位












いよいよ第1位の発表です、ドキドキしますね、みんなが圧倒的に美味いと判断したコーヒーに合う水は?!















なんとなんとびっくり、一番まずいと思われていた水道水!!!
これは大どんでん返し
mizu6.jpg
わざわざ良い水を準備しなくてもコーヒーに合うのは水道水だっただなんて・・・・・















びっくり

びっくり~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!




あなたは、負けると分かっていても戦いを挑んだことがありますか?

私はあります

そして予想取りすべて負けました
makeru.jpg




そして今もなお負け続けている男の物語です・・・・・


負け戦その1
coffeebeans.jpg
コーヒー豆に砂糖をまぶして、スナック菓子のように気軽に食べることができないか?!
やってみました、苦い!!!一個二個ぐらいなら大丈夫ですが、これをカッパえびせんのように
やめられない、とまらないほど食べられましぇ~ん


jihaku.jpg
まるで拷問のようです、これなら犯人もすぐ自供するでしょう




















負け戦その2
コーヒー酒、
sake.jpg

コーヒー豆を清酒に漬け込んで濃厚で甘みのあるコーヒー酒を作ろうとする、それこそ甘い考え
でも実際作ってみたけど味はわりかし良く出来ました、これは億単位の儲けが期待できると思った矢先
なななななんと、日持ちがしない!もってもせいぜい1週間程度




がっかり
がっかり・・・・・・一億円が~っ














負け戦その3
なんと健康ブームに乗っかり、黒酢にコーヒーの粉末を混ぜてみた
kurosu.jpg

黒酢とコーヒーの効果をプラスするとトンでもないモンスター美容ドリンクができるのでは?!
これはもう10億20億の世界ですよ、あんた

そして味見









うううううううううううげぇーっ、いくら健康に良くても不味過ぎるぅ~
aojiru.jpg
青汁のほうが数倍美味い
















まあこれはまだごく一部ですが、また機会があったら紹介致します
それでも挑み続ける男
katsuya2.jpg
馬場克也48歳・・・特に外個人女性に弱い