シャルル・ジャン・ピエール馬場画伯 絵画展はこちら>>

オリジナルドリップバッグ製作します!>>


ちょ~うめぇ~飲み易い極上上豆
・天空 600円 
・サンタクララ 620円
・カフェヴィーニョ 640円
・ブルボンAAカルシ 640円
・私の笑顔  2兆円
ちょ~うめぇ~コクのある極上上豆
・ボールドグレイン 640円
・スマトラ・マイムーン 640円
・トラジャ・マブギ 640円
・マサマ キボ 640円
・バニーマタル  780円

さむうなりましたなあ~
懐かしいもの
お久しぶりです「トムボーイ」です






しかし、ことしも残すところあと一ヶ月、ジングルベルが聞こえてきそうです










サンタ1
あれっ、今行われている九州場所にサンタさんでてたっけ?



















サンタ2
サンタも人間、たまにはこういうときもあるでしょう・・・・・ないっつーの!!


















サンタ3
サンタも人間だ、ミニスカサンタに見とれることもあるだろう・・・・・・もはや単なるすけべおやじ




















トナカイ
こんなトナカイいやだーっ、銀行強盗かっ














さあのりに乗ってきたところでコーヒー小説の紹介いってみよう!!
長さん・いってみよう!









小説に出てくるコーヒーに関してはレイモンド・チャンドラーの「長いお別れ」が一番印象的です。
長い別れ

自分独自の規律を守った、ストイックで、でもへらず口をたたくのをやめられずにいつも殴られたりトラブルに巻き込まれたりする私立探偵、フィリップ・マーロウがていねいにドリップした美味しいコーヒーを、朝、飲むのです。
来客にすすめる場面もあり、マーロウの「こだわり」を一番感じます。
きったはったのドタバタばかりでなく、きちんと「生活している」体温を随所に感じる小説です。


村上春樹さんの小説にはよくコーヒーが
出てきますよ。
彼の小説を読むとコーヒーが飲みたくなります





秋の夜長はゆったりと読書でも・・・・・















読書
ねこかーいっ




コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://mikoya73139.blog54.fc2.com/tb.php/132-d938d054