シャルル・ジャン・ピエール馬場画伯 絵画展はこちら>>

オリジナルドリップバッグ製作します!>>


ちょ~うめぇ~飲み易い極上上豆
・天空 600円 
・サンタクララ 620円
・カフェヴィーニョ 640円
・ブルボンAAカルシ 640円
・私の笑顔  2兆円
ちょ~うめぇ~コクのある極上上豆
・ボールドグレイン 640円
・スマトラ・マイムーン 640円
・トラジャ・マブギ 640円
・マサマ キボ 640円
・バニーマタル  780円

めちゃめちゃ鹿児島快晴!
おもしろ顔
こんにちは、おもしろ顔のトロフィーですz




















しかし、あれですな、あれですよね、いやあ~あれなんですよ・・・・・・頭がフリーズ
マコーレカルキン
No---------------!!




























最近燃え尽き症候群なのかなあ~
ジョー
「とっつぁん、燃えたよ燃え尽きた真っ白にな・・・・」





























もえつきてね~よぉ~オレには家族がいるからまだまだ燃え尽きるわけにはいかないんだょ~
小林旭
おお~燃えてきたぜぇ~♪



























オロナミンC
よっしゃー!元気ハツラツや~!!

















よし、元気がでたところでジャコウネココーヒーについて語ろうじゃあーりませんか
copi.jpg


インドネシアのコーヒー農園ではロブスタ種のコーヒーノキが栽培されており、その熟した果実は、しばしば野生のマレージャコウネコに餌として狙われている。しかし、果肉は栄養源となるが、種子にあたるコーヒー豆は消化されずにそのまま排泄されるので、現地の農民はその糞を探して、中からコーヒー豆を取り出し、きれいに洗浄し、よく乾燥させた後、高温で焙煎する。ちなみにフィリピンではさまざまな種類のコーヒーノキが栽培されており、カペ・アラミドの場合は結果的に数種類のコーヒー豆が自然にブレンドされると伝えられる。
コピ・ルアクやカペ・アラミドは、独特の複雑な香味を持つと言われており、煎り過ぎて香りが飛ばないように、浅煎りで飲むのがよいとされる。一説によると、ジャコウネコ腸内の消化酵素の働きや腸内細菌による発酵によって、コーヒーに独特の香味が加わるという。

しかし味のほうは・・・・・・・・・?

みなさんで試してみてください

小売価格100g5000円~10000円ぐらいで販売されております

ちなみにmikoyaでは販売しておりません、あしからず

人形
すごい値段だね




コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://mikoya73139.blog54.fc2.com/tb.php/134-dc74be65