シャルル・ジャン・ピエール馬場画伯 絵画展はこちら>>

オリジナルドリップバッグ製作します!>>


ちょ~うめぇ~飲み易い極上上豆
・天空 600円 
・サンタクララ 620円
・カフェヴィーニョ 640円
・ブルボンAAカルシ 640円
・私の笑顔  2兆円
ちょ~うめぇ~コクのある極上上豆
・ボールドグレイン 640円
・スマトラ・マイムーン 640円
・トラジャ・マブギ 640円
・マサマ キボ 640円
・バニーマタル  780円

彼女はみんなよりだいぶ遅れてmikoyaにやってきた
砂糖とミルクたっぷりなコーヒーが好きだった
聡明で控えめな印象を受けた、やはりこれがドイツなんだと思った

Raffaela Graffé

だんだんと打ち解けてゆくにしたがい、印象と実物と差が徐々に現れてきた
BILD0663a.jpg
BILD0672a.jpg
単なる酔っ払いのおっさん?
いいやドイツ人女性というものはそんなものではないはずだ
賢くなければならない!

私の心が葛藤し始めた、しかし次々と起こる珍現象に、いとも簡単に心が折れた
海隼人 060a

ドイツというより良く言えば日本の下町のねぇちゃん、悪く言えばがらっぱち

でも、心の優しさ、他人への思いやりはとても真似できなかった
それと努力を続ける忍耐強さ・・・・・あれっ、やはり昭和の女?


海隼人 026a
海隼人 038a

親しみがどんどんわき、家族のように近い存在になっていった



DSC_0785.jpg
ゆったりずむ「ドイツ女子登場!」
彼女もまたドイツが身近になるようにラジオで説明してくれた


彼女がmikoyaにいることが日常の風景になっていた
閉店時間がくると、さっさと店頭に置いてあるベンチや観葉植物など片付けていく、その行動を見て他のお客さんもマネする
それも当たり前の光景

お客さんに片付けまでさせる、なんて失礼な店mikoya



P1110180a_20120825122615.jpg
以前はグズっていたうちの子も違和感なく抱かれている


しかし、時間は当たり前のように時を刻む「さよなら」の時間だ

彼女の目には日本はどんな風に映っただろうか
BILD1100a.jpg


有意義だったのだろうか?何か学んだのだろうか?
いつも留学生が帰国するときに悪い気持ちでいっぱいになる、「何も出来なかった、ごめん」

そして「ありがとう」の気持ちも同じくらいある


DSC_0783.jpg
さよならエラピ・・・・・・また、いつか



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://mikoya73139.blog54.fc2.com/tb.php/81-3526dd0d